(一財)富山県建築住宅センターは、建築確認・検査、住宅性能評価、長期優良住宅技術的審査、瑕疵担保保険等のサービスを提供しております。

長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査業務

業務概要

登録住宅性能評価機関である当センターでは、長期優良住宅普及促進法(2009年6月4日施行)により、所管行政庁が行う認定の際必要となる「技術的審査」業務を行っています。

技術的審査の対象となる住宅

@一戸建ての住宅 【新築】
※ 一戸建ての住宅とは、一戸建ての住宅で人の居住の用途以外に供する部分を有しないものに限る。
A共同住宅等 【新築】
※ 共同住宅等とは、共同住宅、長屋その他の一戸建ての住宅以外の住宅をいい、店舗と住宅とを併用するなどの店舗併用住宅を含む。

業務区域

富山県全域

業務内容

認定基準の技術的審査適合証明証(所管行政庁へ認定申請する際に添付される書面)の交付

認定基準の概要

概要

長期優良住宅建築等計画を認定するか否かを判断する基準として以下のようなものがあります。

  1. 住宅の構造及び設備が長期使用構造であること
  2. 住宅の規模が国土交通省令で定める規模以上であること
  3. 計画する住宅が良好な景観の形成その他の地域における居住環境に適合するものであること
  4. 維持保全の方法が適切であること
  5. 維持保全の期間が30年以上であること
  6. 資金計画が住宅の建築を確実に遂行するために適切なものであること

長期使用構造等とするための措置

措置の内容については こちら[PDF]をご覧ください。